見出し画像

見えないものが見えてくる 小豆島迷路のまちナイトツーリズム

小豆島の「迷路のまち」(土庄本町)で、アート事業や地域事業をおこなうMeiPAM(小豆島ヘルシーランド株式会社)では、夜型観光を推進する事業の創出を目的に、デジタルコンテンツ事業社のON THE TRIPとともに小豆島ナイトツーリズム協会を設立しました。今回は、観光庁「令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出」モデル事業の一環として「見えないものが、見えてくる。小豆島“迷路のまち ナイトツーリズム”」と題し、夜だからこその街の魅力を発信する期間限定イベントを12月4日(金)より開催します。感染症対策を徹底した、非接触型の新しい観光スタイルです。

夜の妖怪美術館|夜だけ会える妖怪をみつけよう

入り組んだ細い路地が特徴の「迷路のまち」に点在する、古い建物を活かした「妖怪美術館」4館を小さなライトを手に鑑賞します。妖怪美術館は、明治時代の呉服屋、元米屋・醤油屋の倉庫、元活版印刷所・日用雑貨店、元庄屋の屋敷などの建物をリノベーションしており、いかにも妖怪が潜んでいそうな所ばかり。暗闇に姿を現す100点以上もの妖怪造形作品をお楽しみください。昼間とは違う怪しい雰囲気の中、夜にしか公開しないゾクッとする3作品もひっそりと展示します。

画像1

妖怪bar|妖艶な雰囲気に誘う、夜にだけオープンするbar

昼間はオリーブ牛ローストビーフの希少部位も楽しめる人気レストラン「島メシ家」が、17時以降は照明を落として妖艶な雰囲気を醸し出す「妖怪bar」に。2020年に一躍時の妖怪となった疫病退散の“アマビエ”をイメージした「アマビエレモネード」、血の池地獄を彷彿とさせる「みちしるべぇの目ん玉おちたべぇ(杏仁プリン)」など、写真映えする抜群のメニューが揃います。小豆島自慢のオリーブを使った神のジン「オリーブジンマーレ」もおすすめです。

画像2

画像3

画像4

画像5

近隣飲食店とのコラボ|妖怪をイメージしたメニュー

地下の隠れ家“donisbar(ドニズ・バー)”の絶品フード「デビルエッグ」、古民家に店を構える“たこやきnoばぁ-MAZE(たこ焼きのバー・メイズ)”の遊びココロ満載の「たこ焼きロシアンルーレット」、ピザ・パスタの人気店“buon compagno(ブォン コンパーニョ)”の「真っ黒マルゲリータ」など、近隣の店舗も夜の街にぴったりのコラボレーションメニューでイベントを盛り上げます。

画像6

夜の町に出没するトゥクトゥク&光るタクシー

夜の妖怪美術館や妖怪BARまでトゥクトゥクで無料送迎します。
また、 “夜の妖怪美術館”専用タクシーのほか、夜間にスポット的に借りられるレンタカーサービスも実施します。
※詳細は実施概要を参照

画像8

画像7

Kuro|オリジナル楽曲とPV製作

東京を中心に活動するフィールグッドなバンド「TAMTAM」の女性ボーカルKuroが、今回のために書き下ろしたテーマソング「Ayakashi」。妖怪のもつ不思議さや「見えないものが見えてくる」をコンセプトに、夜の迷路のまちを舞台にした、プロモーションビデオも製作。音楽を通して、参加者を特別な世界へと誘います。(2020.12.4公開)
instagram @kuro.tamtam
Twitter @96kuro96

画像9

<実施概要>
【タイトル】
見えないものが、見えてくる。小豆島“迷路のまち ナイトツーリズム”
観光庁モデル事業 令和2年度 夜間・早朝の活用による新たな時間市場の創出事業

【開催日程】
2020年12月4日(金)〜2021年1月11日(月)

2020年12月の開催日
12/4(金)、5(土)、6(日)、11(金)、12(土)、13(日)、18(金)、19(土)、20(日)、24(木)、25(金)、26(土)、27(日)

2021年01月の開催日
1/1(金)、2(土)、9(土)、10(日)、11(月)

【開催時間】
17:00〜21:00

【開催場所】(時間)
香川県小豆郡土庄街甲398を中心とした地域
<妖怪美術館>(17:00~21:00 最終受付20:00)
❶妖怪美術館1号館/明治時代の呉服屋
❷妖怪美術館2号館/元米屋・醤油屋の倉庫
❸妖怪美術館3号館/元活版印刷所・日用雑貨店
❹妖怪美術館4号館/元庄屋の屋敷

❺妖怪bar(島メシ家)/ 元庄屋の屋敷 (17:00~21:00 L.O 20:30)     

❻【協力店舗】donisbar/ドニズ・バー (18:00〜22:00 L.O. 21:30)
❼【協力店舗】たこやきnoばぁ-MAZE/たこ焼きのバー・メイズ(11:00〜22:00 L.O. 21:30)
❽【協力店舗】buon compagno/ブォン コンパーニョ(18:00〜21:00 L.O. 20:30)

【妖怪美術館|入館料】
大人 2900円(税込)  中高生 1450円(税込) 小学生以下無料

【送迎など】
❶トゥクトゥク
※「小豆島国際ホテル」、「オーキドホテル」ご宿泊様限定の妖怪bar送迎サービス(無料)。
❷妖怪タクシー
※夜の妖怪美術館専用の送迎車1台をご用意(通常運賃)。
❸夜レンタカー
※「国民宿舎小豆島」ご宿泊者限定で夜レンタカーサービスをご用意(18:00〜22:00 / 3,300円〜)。

【公式サイト】
http://mazenight.com/
※2020年12月4日(金)公開

【新型コロナウイルス対策|安心・安全のための取り組みに関して】
http://meipam.net/news/2020/07/09/3527/

▶︎ニュースリリース(2020年11月30日 PRTIMES)


Twitterフォローお願いします!Twitterでは妖怪が降臨したり。小豆島の観光アカウントと仲良く楽しいおしゃべりしてます。

ありがと❤️
3
香川県小豆島の現代の妖怪をテーマにした美術館です。所蔵する825体の妖怪造形作品や小豆島のことをお伝えします HP:http://meipam.net/museum-2/