日本3大そうめん「小豆島のそうめん」で、小豆島の妖怪美術館が作ったアマビエ素麺は無敵説!
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

日本3大そうめん「小豆島のそうめん」で、小豆島の妖怪美術館が作ったアマビエ素麺は無敵説!

妖怪美術館のある小豆島は「そうめん」が特産品です。日本三大そうめんに数えられる小豆島の島の光には、カラフルな麺があるのをご存知ですか?赤は紫蘇、黄色はレモン、緑はオリーブが練り込んであります。これでキャラ弁みたいにアマビエを作れないかと思い、当館のスタッフで作ってみました!まずはYouTubeをご覧ください。↓

疫病に苦しむ人々を救った「そうめん」

そうめんは日本最古の神社である三輪山の大神神社で、飢饉や疫病に苦しむ人々が神に祈願し、神の啓示によってもたらされたと伝えられています。小豆島のそうめんは、発祥の地である奈良県の三輪で技術を習得し島にひろまりました。小豆島の特産品である「ごま油で」延ばすのが特徴です。

疫病退散!妖怪「アマビエ」とは?

江戸時代「疫病が流行ったら私の絵を描いてみせよ」と予言したと伝わる妖怪です。令和2年、COVID−19の感染拡大防止を願う人々の祈りとともに広く知られるようになりました。

画像2

館長で妖怪画家の柳生忠平 が描いたアマビエ

小豆島といえばそうめん!妖怪といえば妖怪美術館!

つまり、疫病に苦しむ民を救った「そうめん」で、疫病退散の願いをこめて「アマビエ」を作ったら....最強!日本3大そうめん「小豆島の島の光」で、小豆島の妖怪美術館が考えた アマビエ素麺は、、、無敵!!!
というわけで、通販はこちらです↓

「アマビエそうめん」のレシピ公開します!

最強かつ無敵の「アマビエそうめん」のレシピを完全無料で公開します!ダウンロードして好きに使ってください。

レシピの使い方
・ご家庭で材料をそろえて作ってみよう。とっても便利な通販もあるよ!
・店舗でそうめんの販促に使ってください。コピー配布可。
・飲食店でメニューにしてもOKです。その際「妖怪美術館」って一言入れてもらえると嬉しいです。妖怪美術館のSNSでも紹介したいので連絡してね!連絡先はこちら

スクリーンショット 2021-06-19 11.11.07


番外編:素麺のトッピングに!お弁当に!アマビエソーセ人

こんなのも作ってみました。え?アマビエに見えない?




Twitterでは妖怪のことから、関係ないことまで仲良くおしゃべりしましょう!

ボクもスキ❤️
香川県小豆島の現代の妖怪をテーマにした美術館です。所蔵する825体の妖怪造形作品や小豆島のことをお伝えします。