妖怪美術館

香川県小豆島の現代の妖怪をテーマにした美術館です。所蔵する825体の妖怪造形作品や小豆島のことをお伝えします。

妖怪美術館

香川県小豆島の現代の妖怪をテーマにした美術館です。所蔵する825体の妖怪造形作品や小豆島のことをお伝えします。

    マガジン

    • インフォメーション

    • オンライン妖怪美術館

      妖怪美術館の企画展をnote上で公開します。

    • 見えないものが見えてくる 夜の妖怪美術館&妖怪bar

    ストア

    • 商品の画像

      みちしるべぇTシャツ

      迷路のまちの妖怪「みちしるべぇ」がTシャツになりました。 みちしるべぇごっこも楽しめます! みちしるべぇ 迷路のまちを案内してくれる妖怪。たまに道を間違える。
      2,800円
      妖怪美術館ミュージアムショップ
    • 商品の画像

      図録 「大妖怪運動会」

      企画展「大妖怪運動会」展の図録です。 妖怪の世界で88年に一度開かれるという大妖怪運動会。 より速く?より高く?いや、より妖しく。 この運動会はなんでも見たいものが見れるらしい。全てはあなたの想像力にかかっている。 どんな場所で、どんな妖怪が、どんな競技で活躍するのか想像してみましょう。 当館が所有する「妖怪造形大賞」に応募された作品たちが大運動会を開催したら?と見立て開催した企画展です。企画展で展示された36作品が収録されています。
      1,500円
      妖怪美術館ミュージアムショップ

    ウィジェット

    リンク

    記事一覧

    「柳生忠平妖怪絵圖大洲にて」開催!2022年8月5日(金)〜7日(日)

    館長で妖怪画家の柳生忠平が、愛媛県にて個展を初開催します。会場では「妖怪風似顔絵」や、妖怪美術館名物(?)の「闇クジ」、小豆島のお土産物販コーナもあります。その…

    妖怪美術館
    3週間前

    柳生忠平とめぐる妖怪ナイトミュージアムツアー

    この夏、妖怪美術館では、館長で妖怪画家の柳生忠平がご案内する妖怪ナイトミュージアムツアーを開催します。妖怪「カボソ」をはじめとした小豆島の妖怪話をしながら、夜の…

    妖怪美術館
    1か月前

    「小豆島ローカルトラベルガイド」を発行しました!

    妖怪美術館を運営する小豆島・迷路のまちアートプロジェクトMeiPAMでは、フリーマガジン「小豆島ローカルトラベルガイド」を発行しました。島に住む私たちが友達が島に来た…

    妖怪美術館
    1か月前

    よくあるご質問

    鑑賞時間は? 妖怪美術館60分、小野川直樹美術館30分、迷路のまち共通券90分が目安となっています。 チケットは当日購入できますか? できます。密を避けるため時間指定…

    妖怪美術館
    1か月前

    アート巡り

    「迷路のまち」にはアートプロジェクトMeiPAMが運営する妖怪美術館、小野川直樹美術館をはじめ、様々なアート作品が鑑賞できます。 妖怪美術館妖怪が話しかけてくるスマホ…

    妖怪美術館
    1か月前

    ナイトタイム観光

    夜になると昼間とは違う姿を見せてくれる「迷路のまち」。バーや居酒屋さんなど、夜も楽しめるお店が集まっています。宿泊する方はもちろん、土庄港にも近いため、20時台の…

    妖怪美術館
    1か月前
    「柳生忠平妖怪絵圖大洲にて」開催!2022年8月5日(金)〜7日(日)

    「柳生忠平妖怪絵圖大洲にて」開催!2022年8月5日(金)〜7日(日)

    館長で妖怪画家の柳生忠平が、愛媛県にて個展を初開催します。会場では「妖怪風似顔絵」や、妖怪美術館名物(?)の「闇クジ」、小豆島のお土産物販コーナもあります。その他、杉作J太郎さんによる怪談話、浴衣涼み、肱川遊覧ツアーなどイベント盛りだくさんです。

    柳生忠平妖怪絵圖小豆島・妖怪美術館の館長で妖怪画家。子どもの頃から妖怪に憧れ夢中でその姿を描き続けてきた。自らを目に見えない「モノ」たちの呼ぶ声に応え

    もっとみる
    柳生忠平とめぐる妖怪ナイトミュージアムツアー

    柳生忠平とめぐる妖怪ナイトミュージアムツアー

    この夏、妖怪美術館では、館長で妖怪画家の柳生忠平がご案内する妖怪ナイトミュージアムツアーを開催します。妖怪「カボソ」をはじめとした小豆島の妖怪話をしながら、夜の美術館をめぐります。開催日の夜8時までに受付を済ませれば、入館料のみでツアーにご参加いただけます。

    小豆島の伝説の妖怪「カボソ」はここにいる!幼少期からまさに妖怪に憑りつかれ、妖怪に関することならなんでも知っている柳生忠平が、なぜ妖怪は生

    もっとみる
    「小豆島ローカルトラベルガイド」を発行しました!

    「小豆島ローカルトラベルガイド」を発行しました!

    妖怪美術館を運営する小豆島・迷路のまちアートプロジェクトMeiPAMでは、フリーマガジン「小豆島ローカルトラベルガイド」を発行しました。島に住む私たちが友達が島に来たら連れて行きたい場所というテーマで、定番の観光地から、ガイドブックではあまり紹介されない少しディープなお店までおすすめの場所を紹介しています。

    編集は雑誌「瀬戸内スタイル」の編集部、デザインはいつもお世話になっている八木マリンさん。

    もっとみる
    よくあるご質問

    よくあるご質問

    鑑賞時間は?

    妖怪美術館60分、小野川直樹美術館30分、迷路のまち共通券90分が目安となっています。

    チケットは当日購入できますか?

    できます。密を避けるため時間指定チケットとなっていますが、当日窓口でも、WEBチケットでも購入可能です。WEBチケットが一番お得にお楽しみいただけます。

    駐車場は?

    駐車場はコチラをご確認ください。

    子どもだけで鑑賞できますか?

    小学生以下だけでの鑑賞

    もっとみる
    アート巡り

    アート巡り

    「迷路のまち」にはアートプロジェクトMeiPAMが運営する妖怪美術館、小野川直樹美術館をはじめ、様々なアート作品が鑑賞できます。

    妖怪美術館妖怪が話しかけてくるスマホアプリを使い、迷路のまちに点在する4つの建物をめぐる体験型の美術館。妖怪の歴史から現代の妖怪までの妖怪と日本人の長い歴史を50分のガイドとともに時空を超えた旅をします。小豆島に伝わるカワウソの妖怪カボソの造形作品もあります。展示作品

    もっとみる
    ナイトタイム観光

    ナイトタイム観光

    夜になると昼間とは違う姿を見せてくれる「迷路のまち」。バーや居酒屋さんなど、夜も楽しめるお店が集まっています。宿泊する方はもちろん、土庄港にも近いため、20時台のフェリーに間に合うよう楽しむこともできます。ただ、くれぐれも帰りの船の時間をお忘れなく!

    妖怪美術館妖怪が語りかけてくる音声ガイドの案内で4つの建物を巡ります。暗闇の中を懐中電灯を照らしながら鑑賞します。あくまでも美術館ですから妖怪は動

    もっとみる